NEWS ニュース

2016.07.15

予選前半戦の決勝大会進出者を紹介!

news-image_2016_Area01-B.jpg地方予選も半分以上が終了しました。東北、北海道、九州、沖縄、中四国予選の決勝大会進出者を紹介します。


東北予選チャンピオン : DJ YUTO
青森県生まれのターンテーブリスト。実兄がDMC JAPAN決勝大会出場者という環境で育ちWORLD DJ ACADEMYでDJ KENTAROの指導を受ける。彗星のごとく現れた2015年のDMC JAPANでは決勝大会に進出。希有な音楽性と卓越したスキルで準優勝を果たす。さらに昨年末facebookに投稿されたパフォーマンス動画は50万回再生を越え、DJ CRAZEやDJ Shifteeなどが賞賛し大きな話題となった。以降ベースミュージックを軸にしたDJプレイを中心に活動をおこなっている。


北海道予選チャンピオン : GRANDMASTER SASAKI
札幌在住の音楽家。2007年にVestax主催のDJバトルにて日本代表として世界大会出場を果たす。エンターテイメント性溢れる構成力とマスター節と言われるスクラッチおよびジャグリングを武器にDMC北海道予選2連覇を達成。再び決勝の舞台で北海道人初の日本チャンピオンを目指す。


九州予選チャンピオン : DJ SYUNSUKE
福岡県在住。18歳でDMC JAPAN FINALISTであるDJ Chooと出会いバトルDJとしてのキャリアをスタート。GRIND DJ BATTLEやKAMIKAZE DJ BATTLEなど数々の大会で優勝した経歴を持つ。2015年には22歳の若さでDMC JAPAN FINALの舞台へ進出。現場で精力的にDJプレイをこなす傍ら、福岡のscratch labでスキルを磨き九州でのターンテーブリズムの普及を推進している。2年連続で九州予選を勝ち抜いた実力を決勝大会で見せつける。


沖縄予選チャンピオン : DJ JIN-TRICK
沖縄のバトルDJとしてシーンにその名を響かす絶対的存在。Back to the Basicの精神のもと、愛してやまない音楽をターンテーブルを通して表現している。レジデントを務めるイベントHot The Grooveでは自身のバックボーンでもあるソウル、ファンク、レアグルーヴのブラックミュージック精神をしっかりと受け継いだトリッキーかつ大胆なプレイスタイルでオーディエンスを魅了している。2014年には沖縄代表として初のDMC JAPAN FINALに進出。昨年は決勝大会への切符を逃し、雪辱に燃える2016年。小さな巨人が再び日本一を目指す。


中四国予選チャンピオン : DJ Bahn
広島県出身。14歳の時にDMC WORLD DJ CHAMPIONSHIPSの映像に衝撃を受け、ターンテーブリズムにのめり込む。18歳の頃からDJバトルへ挑戦し始め、様々な大会で好成績を収める。2012年のRed Bull Thre3styleに出場し弱冠20歳にして中四国代表に。2014年にはDMC JAPAN決勝大会へ進出。オーディエンスの感覚を刺激する独自に解釈されたターンテーブリズムで挑む。

LATEST NEWS 最新ニュース