NEWS ニュース

2018.08.07

JAPAN FINALのゲストアーティストを発表!

news5_haba.jpg

JAPAN FINALのゲストアーティストが決定しました。昨年、史上最年少で世界一を獲得したDJ RENAの凱旋パフォーマンスに加えて、DMC JAPANの初代チャンピオンGM YOSHIと、2代目チャンピオンのDJ Ta-ShiによるJAPAN FINALならではの特別なコラボレーションがDMC LEGENDS名義で登場します。20年近い時代を紡ぐDMC JAPANの軌跡を感じることができるでしょう。オープニングにはWDAからバトル部門チャンピオンDJ JIF ROCKを迎えます。


DJ RENA (2017 DMC WORLD CHAMPION)
DJを始めたキッカケはヒップホップダンスショーケースでの出会いだった。3歳からヒップポップダンスを習い始め、それまではダンスバトルに夢中だった。8歳(当時小学4年生)の時、アーティストのライブのダンスショーケースに招かれ、そこで初めて観たDJ443が奏でるバトルDJの本格ターンテーブル扱いの凄さに感動したことがキッカケとなる。その後、YouTubeを参考に父親が趣味で持っていたターンテーブルとミキサー、2枚のアナログレコードの興味深さから小学校からの帰宅が楽しみな毎日を過ごした。9歳(当時小学5年生)になったRENAは、DMCバトル部門の世界チャンピオンDJ AKAKABE、DMCチーム部門の世界チャンピオン5連覇を持つKIREEKのDJ HI-Cと出会い、HI-Cを師匠に更なるターンテーブリズムの素晴らしさに魅了されることになる。夢は「DMC世界最年少チャンピオン」。最初は「小学生のうちにDMC JAPAN FINALのステージに立つこと」を目標にスタートした2年前の2016年、当時小学6年生にしてDMC JAPAN FINALのシングル、バトル両部門ステージに立つことができ、掲げた目標が達成できた。翌年、中学生となったRENAは8月26日にDMC 日本チャンピオンを獲得し、その1ヶ月後に迎えることになる最大の目標であるイギリスのロンドンで開催されたDMC WORLD FINALに日本代表として参戦。それまで世界最年少チャンピオンの記録を保持する当時15歳のカナダ人A-Trakの記録を20年の時を経て、12歳にして日本人RENAがその記録を塗り替えた。2017年10月1日、DMC世界最年少チャンピオンへの夢が現実のものとなる。


GM YOSHI(1990,1991 DMC JAPAN CHAMPION)
GMとはGROOVE MASTERの意味。90年代初頭から関西を中心にクラブDJとして活動をスタート。91年には世界的DJバトルイベントDMC世界大会で日本人として初の第3位という偉業を成し遂げ、日本のバトルDJの草分け的存在となる。2001年7月には、初のフルアルバム『GROOVE MASTER YOSHI』をリリースしている。DMCのみならず日本のHIP HOPシーンにおける伝説的な存在。

DJ Ta-Shi(1992 DMC JAPAN CHAMPION)
沖縄出身のDJ TA-SHIは、80年代後半にDJとしてキャリアをスタートさせ、上京後、数々のバトルに出場しては賞を総ナメにしてきたベテランである。1992年のDMCでは日本チャンピオンとなり、世界大会では5位を獲得した。 バトルDJ引退後は大会の審査員や、東京アナウンス学院のDJ講師を務め、若きターンテーブリストたちの指導や育成に関わって来た。98年からは10年間もの長い期間をMISIAのツアーDJとして参加。2003年には全国5大ドームツアーで6台のターンテーブルを使った驚きのルーティーンを披露し、会場を大いに沸かせた。クラブDJとしては国内はもちろん、アジアを中心に数々の海外のクラブに招聘され、その高いスキルと唯一無二なセンスでフロアをロックしてきた。近年では、映像をDJプレイに取り入れ、VDJとして聴覚だけでなく視覚を刺激し、オーディエンスを多角的に楽しませている。


DJ JIF ROCK(2007 DMC JAPAN SUPREMACY CHAMPION)
DJ、ターンテーブリスト界に新風を吹きこんだコアファイターズの1人として、DMC世界大会で反響を巻き起こした2000年。その実力が認められ、ニトロのDELIやSUIKENなどのラッパーの作品に参加。2001年にはVESTAX EXTRAVAGANZAにおいて日本チャンプに輝くと、世界大会でも3位の座に輝く。2005年に自身初のMIX CD『自符ROCK』をリリースした。そして2007年、約10年間に渡りDJバトルに挑戦し続け、遂にDMC JAPANのバトル部門で日本の頂点に立った。輝かしい経歴を持ち、なおも現在進行形で確かなスキルを磨き続けるターンテーブリストである。

LATEST NEWS 最新ニュース